※ このサイトをインターネットエクスプローラーで正しく表示するには、互換表示設定をしてください。
              (メニューから ツール・・互換表示設定・・このサイトをWEBサイトを互換表示をクリックすると追加できます。)

 
Since2017.1.15123102
新規日誌26
2019/07/30

磐周教育講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:事務局
1. 実施月日   令和元年7月30日(火)
2. 講師名    望月 聡
3. 演題     『人を育てる ~スポーツのコーチングから~』
4. 参加者数   315名   
5. 講師についての感想等
 

・優しくソフトな語り口で、心地よく聴くことができた。

・トップチームのコーチとはどんな人なのかと思っていたが、とても穏やかな人柄で驚いた。
・「自育伸力」という考え方が興味深く感じられた。

・参加型講話、経験に基づいた話、とても工夫されていて聞きやすい講師だった。様々なキーワードを提示していただき印象に残った。


6. 講演内容についての感想等

・サッカーについての知識がなくても分かりやすく、子どもを、学級を育てることと重ね合わせながら聴くことができた。

・「open mind」「players first」など、教師としての根幹に関わるとても大切な言葉、心に残る言葉をたくさんいただいた。

・「主体的、対話的で深い学び」を主軸に置く新学習指導要領と相通じるところがあり、興味深く聴くことができた。

・サッカー界がかかえる課題は、日本の小中学生がかかえる課題そのものだと思った。

・ティーチングよりコーチングの方が、選手や子どもの未知の力を伸ばせることを感じた。

・「自育伸力」を付けることは、どんな社会においても大切なことだと思った。

・質問からの日本代表のエピソードが、大変興味深かった。

・子どもにおいても教員においても、指導には「勇気づける言葉」が大切だということを共感した。

・「自分で考えて、自分の言葉で思いを語れる子どもを育てる」ために、子どもへの接し方、授業の組み立て方を見直していきたい。

・教師はすぐに手を貸してしまったり、教え過ぎてしまったりすることが多い。子どもに考えさせる、一緒に考える、時間はかかるが子どもの力を信じて育てていきたい。

 


13:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

教育講演会

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。